なぜ布団を洗わないといけないのか?

今まで何年も布団を洗わずに同じものを使い続けている方の中には、なぜ布団を洗わなければならないのかわからない、という方もいらっしゃるのではないかと思います。布団をきれいにする・しないは習慣の問題ですので、洗わないことに慣れている方もいらっしゃるでしょう。しかし当然ですが、布団は洗った方が気持ちがいいです。

布団を衣類に置き換えて考えていただければわかりやすいのではないかと思いますが、1日行動して汗をたくさんかいた日に着ていた肌着を、翌日も着たいと思いますでしょうか?季節によっては数日は同じ服を着られる、という方もいらっしゃるかもしれませんが、普通は1回着た肌着はきれいに洗濯することになるのではないかと思います。

それでは、布団はどうなのでしょうか?人間は睡眠時に大量の汗をかくことになります。また、皮脂から出る脂や唾液などで布団は毎日のように汚れていきます。どうせ眠くなったら寝ることができるし人に見られるものでもないから大丈夫、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、よく考えれば衛生上よくないということがわかるのではないでしょうか?

もちろん現実問題、布団を毎日のように洗うことはできません。しかし、できれば1年に1回くらいはきれいにしてあげるのが良いのではないかと思います。きれいになれば気持ちよく眠ることができますし、睡眠の質も変わってくるはずです。長期間布団を洗ってないという方は、一度布団の丸洗いサービスを利用してその違いを確かめてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

布団クリーニングに関するコラム