クリーニング後の布団の保管方法

衣替えの季節になったら、それまで利用していた布団をクリーニングに出して保管するという方も多いのではないでしょうか?しかしその保管方法に注意しなければ、せっかくクリーニングした布団が台無しになってしまいます。中には保管方法を誤り、次に利用する際に布団が使い物にならなくなってしまっているケースもあるので注意してください。

布団を保管する際にまず気を付けなければいけないのは、その通気性になります。通気性の高い場所に保管すればクリーニング後の布団はきれいな状態で長持ちしますが、逆に通気性のない場所に保管してしまうとカビが生える原因となります。せっかくクリーニングで洗ったのに、次に利用する前にまたカビのシミ取りをしなければならなくなるのです。

もう少し具体的に説明すると、クリーニング直後の布団をビニール系の通気性のない布団に包んで保管してしまう方も多いのではないかと思います。ビニールにくるめば外気と触れないので外からのダニなどが防げると感じる方もいらっしゃるのかもしれませんが、実はこの行為は布団にとっては逆効果なのです。

どんな場所でもダニは発生してしまいますし、通気性がなく密閉された空間であればなおさらダニやカビが発生しやすくなるのです。クリーニング後の布団を保管する際には、定期的に押入れの戸を開けて通気性を保ち、またできるだけ窓を開けて外気と触れさせてやるようにしましょう。そうすることで布団を健康的に保つことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

布団クリーニングに関するコラム