←前へ ↑一覧へ 次へ→

布団がカビる理由

2008/11/10

繁忙期もあり日々の業務にかまけて更新がおろそかになっていました。大変申し訳ありません(汗)
さて季節は秋が深まり、次第に冬将軍が顔をチラチラ見せ始めていますが、この時期になると、弊社に集まる布団できまって増えてくるのが、カビの付いたお布団です。
そこで皆様に、布団はなぜカビるか?これをお教えしますね!
まず第一に、湿気からカビは発生する場合がほとんどですので、乾燥した状態。これがいかに重要かは、みなさんお分かりですよね?
布団にカビを発生させてしまうお客様で、かなり多くの方がフローリングに直接敷き布団を敷いていらっしゃいます。これがカビにとってみれば実に好都合なのです!
特に暖房を強く効かせたお部屋で、布団に入りますと汗をかく場合が多々あります。
これにプラス加湿器をかけると、カビは大喜びです(笑)
フローリングに直接敷いた布団と床の間には空気の通り道が無いので、余計にでも湿気がちです。
つまりこうする事によって、高い湿度と、汗に含む塩分。このバツグンの環境の中カビたちはスクスクと育ち繁殖していきます。結果、布団はおびだたしい数のカビのシミができる次第です。
住宅の環境も大きく作用します。
鉄筋コンクリート製のマンション、アパートは気密性が高く特に湿気がちですので、より注意が必要です。
玄関のドアの内側や壁が結露している場合などはさらに注意が必要です。
それだけ湿度が高い状態ということですからね。
さてそれでは、カビを生やさないための対策方法を、次回のトリビアにてお知らせいたします!




こちらもご覧下さい!
カビとクリーニングのマメ知識

ふとんとクリーニングのトリビアの泉 お問い合わせメール

このエントリーをはてなブックマークに追加