←前へ ↑一覧へ 次へ→

敷き布団の選び方 3

2014/07/20

敷き布団を考えるとき、どうしても知っておきたいことがあります。

それは敷き布団とマットレスの違いです。

マットレスも種類が多くなったので、その定義は難しいのですが、一般的には材料の違いです。

マットレス=「ウレタンフォーム」で作られているもの。

敷き布団=「綿=わた」で作られているものです。

なお英語でレスがつくと、「否定」の意味もありますので、
マットレス=マットでない…どう云う意味なんだろう? 

こんな疑問もあるようです。

否定を表すレスは「Less」で、マットレスの場合は「Ress」
つまり否定を表す「レス」ではなく、単純に敷物を表す言葉です。

では、どちらがいいのでしょうか? これが問題ですね。

優劣をつけることは、メーカーさんによって色々な説があるようで単純には難しいのですが、

私たち洗濯屋の眼で見ると躊躇なく「布団」をお勧めします。

理由は

マットレスの「ウレタンフォーム」は水に弱いために洗うことが出きません。

また紫外線に弱くて直射日光にも当てることが出来ないからです。

布団はよく洗って清潔にし、よく干して衛生的にすることが
何よりの基本ではないでしょうか。

ぜひ「布団」と「マットレス」の違いを知っておきましょう。
ふとんとクリーニングのトリビアの泉 お問い合わせメール

このエントリーをはてなブックマークに追加