布団を丸洗いする理由

布団にはダニが一杯

布団にはダニが一杯 布団丸洗い・クリーニング アイクリーンサービス布団は畳とともにダニの温床といわれています。一年使った布団には100万匹とのデータもあります。*アトピー性皮膚炎、喘息などダニが影響していると云われる病気も増加の一途。仮に病気にならなくても気持が悪いと思う人も多いのではないでしょうか、ダニが一杯の布団なんて。それだけでもクリーニングしたいと思われませんか。

一晩にかく汗はなんとコップ1杯

一晩に布団にしみこむ汗は・・・ 布団クリーニング アイクリーンサービス/広島私たちは一晩に約200ccもの汗をかいているそうです。一晩に200ccと云えば一月なら6,000cc一年ではなんと72リットルにもなるのです。72リットルの汗を想像してみてください。2リットルのペットボトル36本ですよ。これだけの汗が浸み込んだ布団であれば、ダニだけでなくどんな細菌が棲息していてもおかしくないと思いませんか。

布団がカビや臭いを育てています

布団がカビや臭いを育てていますためしに布団の下にビニールを敷いて3日ほど寝てみてください。まず間違いなくカビが発生します。カビは適当な温度と湿度、養分さえあれば簡単に発生します。布団の綿に付着した塩分がじめじめした状態をつくり、カビを繁殖させやすくします。長期間押入れにしまっていた布団が臭うのもこのせいです。

ダニは死骸や糞が害になる

布団の中に潜むダニは死骸や糞が害になる天気の良い日に布団を天日干しすれば、ダニはいなくなると考えてしまいますが、湿度の高い場所を好むダニは逆に布団の中心にもぐってしまいます。そして布団の奥で死んでしまったダニの死骸や、ダニの糞が人体には本当に有害なのです。死骸や糞が微粉となって呼吸器や、傷口に入り人に害を及ぼします。従って乾燥をしてダニを殺しても害を防ぐことはできません。布団自体をクリーニングして死骸や糞を洗い流してしまわないと効果がないのです。

雑菌やホコリを抱いて眠っていませんか

布団からはダニだけでなく大腸菌をはじめ、黄色ブドウ球菌、雑菌や脂肪、尿素、たんぱく質などが多量に検出されています。また静電気によって布団に引き寄せられた室内のホコリやゴミもいっぱい。気持が悪いだけでなくアトピー性皮膚炎や喘息の原因にもなっています。これらの雑菌やホコリを含んだ布団はクリーニングをしない限り綺麗にすることはできません。

打直しよりお得です

布団の打直しをすれば一応わたは膨らみますが、綿の繊維が破壊され、15〜20%も量が減ってしまいます。しかも汚れや塩分はとれず殺菌も行われません。その点丸洗いなら中わたの汚れをきれいにとり除くから衛生的で値段も3分の1とお得です。

このエントリーをはてなブックマークに追加