臭いでお困りの方!その布団、アイクリーンサービスにお任せ下さい。

臭いはクリーニングで脱臭できます。 嫌な臭いを元から絶つ

当社は、1年で約1万枚以上の布団をクリーニングしています。

当社には、シミのついた布団、カビの生えた布団、破れた布団、ぺっちゃんこな布団といろいろな布団が毎日届きます。

検品している中でよく依頼されるのが、シミのついた布団とカビが生えた布団。

それに負けじと依頼されるのが、臭いのついた布団です。

臭いの種類もいろいろあります。

臭いと言っても様々なものがあります。

布団に染み付いた汗・皮脂のツーンとした臭い

布団の中で溜まった湿気のジメーッとした臭い

いつの間にか布団の上でされていたペットの粗相の強烈な臭い・・・などなど

当社には、いろいろな理由でついた臭いの脱臭処理を依頼される布団がよく届きます。

ドライクリーニングでは臭いは取れません。臭いを絶つならウェットクリーニングが一番

ドライクリーニングでは絶対と言って良いほど臭いを取れず、むしろドライクリーニング独特な油っこい臭いが…

猫の粗相などのきつい臭いは、通常のクリーニングだけで除去することはできません。

市販の消臭スプレーは強烈な臭いに香りを被せているだけなので、脱臭できたとは言えない。

また、一時的に臭いが消えていても、臭いの元を分解しているわけではないので時間が経てばまた嫌な臭いがするはずです。

しかし、当社オリジナル脱臭液と独自の脱臭処理方法で臭いの元を分解して、臭いを除去するので、時間が経っても臭いが現れず毎日快適に過ごすことができます。

脱臭のことなら私たちにお任せ下さい。

オプションサービス 脱臭処理

ご注文はこちらから

臭いの原因が沢山あるように脱臭処理方法も臭いの原因によって変わります!!

脱臭処理方法 ペットの粗相編

当社に届く布団の中で、脱臭依頼が圧倒的に多いのが猫の粗相。
驚くほど強烈な臭いを発します。
決して大げさに言っているわけではありません。本当に強烈なんです。
この臭いは例える事ができませんが、不快感がすごく、寝ようにも寝れません。

この臭いは、ネコだけに存在する『フェリニン』という物質が原因と言われています。
排尿し空気に触れると『チオール』という物質に変化して強烈な臭いに変わります。

そのフェリニンが作られるのを助ける物質に『コーキシン』というたんぱく質があります。

このコーキシンを処理すれば臭いは無くなるのではないでしょうか。
科学的に証明されたわけではありませんが、当社では研究を重ね現在行っている脱臭処理がもっとも猫の粗相に効果的という結果にたどり着きました。

実際、今までたくさんの猫シッコの脱臭処理を行ってきましたが、多くのお客様に『臭いがなくなった』と喜んでいただいております。

では、早速脱臭処理方法をご覧いただきましょう。

 

 

@

 クリーニング前
(赤丸箇所に猫の粗相)

A

 特別に配合した洗剤をたっぷりと塗ります。

B

 2時間たっぷり寝かせ、ゆっくりと臭いの元を浮かせます。
脱臭処理 工程1 脱臭処理 工程2 脱臭処理 工程3

C

 オリジナル脱臭液をたっぷりと塗ります。

D

 臭いの元を分解させるため、さらに2時間寝かせます。

E

 すすぎ・脱水の工程を3回繰り返し、しっかり臭いと洗剤を洗い流します。
脱臭処理 工程4 脱臭処理 工程5 脱臭処理 工程6

F

 臭いの取れ具合を確認します。
臭いが取れていれば、布団を乾燥させてクリーニング完了!

臭いが残っているようならもう一度AからEまで最低でも2セット同じ工程を繰り返します。

クリーニング完了

脱臭処理方法 カビ・湿気の臭い編

カビ・湿気の臭いのは、布団の中で菌が膨大に繁殖しているのが原因です。

天日干しして少し臭いが収まったけど、すぐ臭いが元に戻ってしまったという経験ありませんか?
それは表面上の菌が死滅しただけで、布団の内部にはまだ菌が繁殖しているので時間を経てまた表面上にまで出てきたということです。

布団の内部まで滅菌するには、やはりクリーニングしかないと思います。

それでは、カビ・湿気の脱臭処理方法をご覧ください。

 
@クリーニング前 A滅菌する特殊な石けんをたっぷりと塗ります。 B1時間たっぷり寝かせ、ゆっくりと菌を殺菌します。
C特殊配合した洗剤をたっぷりと塗ります。 D表面上の菌を除去するため、さらに約1時間寝かせます。 Eすすぎ・脱水の工程を2回繰り返し、しっかり菌と洗剤を洗い流します。

Fさらに高温乾燥で菌を滅菌します。乾燥が終わればクリーニング完了です。

脱臭処理方法 ペットの臭い編

ペット臭と聞いて思い浮かぶのは『犬の体臭』ではないでしょうか。

犬には全身にアポクリン汗腺※があり、汗をかくと皮膚表面にいる細菌によって分解や酸化されることで臭いを発するようになります。

※アポクリン汗腺とは・・・耳の中、脇の下、陰部、肛門など限られた場所に存在する汗腺で、成分にタンパク質・糖質・アンモニア・糖質・鉄分などが含まれています。人間に置き換えると、ワキガの原因となる汗腺です。

人と同じように毎日お風呂に入れば臭いも気にならないと思いますが、実際毎日風呂に入るのは難しいですよね。

 
 
@クリーニング前 A企業秘密のオリジナル水をたっぷりと塗ります。 B1時間たっぷり寝かせ、ゆっくりと臭いの元を浮かせます。
C特殊配合した洗剤をたっぷりと塗ります。 D臭いの元を分解させるため、さらに1時間寝かせます。 Eすすぎ・脱水の工程を2回繰り返し、しっかり臭いと洗剤を洗い流します。

F臭いの取れ具合を確認します。
臭いが残っているようならもう一度AからEまで同じ工程を繰り返します。

ご注文はこちらから